FOLLOW US

リヨンの“奇跡の逆転”に八百長疑惑…D・ザグレブは完全否定

 リヨンは、7日に行われたチャンピオンズリーグ・グループリーグ最終節でディナモ・ザグレブとアウェーで対戦し、7-1の大勝を収めた。この結果、アヤックスと勝ち点で並び、得失点差で上回ったため、グループ2位での決勝トーナメント進出を決めている。

 しかし、“奇跡の逆転”とも表現された試合に八百長疑惑が浮上した。欧州各メディアが一斉に報じている。

 疑惑が浮上する発端となった出来事は、選手間でのやり取りにあった。後半、大量失点を喫したにも関わらず、ディナモ・ザグレブのDFドマゴイ・ビダが、リヨンのFWバフェタンビ・ゴミに対してウィンクをしたように見える映像が公開されたのだ。

 この映像から、八百長の可能性があるとして、フランスのギャンブル規制政府機関ARJELが調査に乗り出すことを発表。欧州中に衝撃が広がっている。

 ただ、ディナモ・ザグレブは公式HPで疑惑を否定。既に調査によって無実が証明された模様で、これ以上、根拠のない疑惑がメディアによって報じられた場合、法的措置も辞さない構えを表明している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO