FOLLOW US

先制点の柏・田中順也「次の試合もワクワクしている」/クラブW杯

 8日に「TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2011」の開幕戦が行われ、開催国代表の柏レイソルはオセアニア代表のオークランド・シティーFCと対戦。田中順也と工藤壮人の得点で、2-0の勝利を収め、準々決勝進出を決めた。

 試合後、先制点を挙げた柏レイソルの田中順也と酒井宏樹は以下のように語っている。

田中順也
「最近、シュートを決めていなかったので、入れたいという気持ちがあった。いい形で自分で打てた。角度はなかったけど、狙ってみてよかった」

「(その前のターンは?)相手がわりと体をぶつけてくるので、押さえればターンできるな、というのはあった。ディフェンスの仕方の違いを感じていたので、くるっと回れるかな、と思った」

「相手のディフェンスが結構スカスカだったんで、もっと点をとらなければいけないと思ったけど、決定的な場面では相手に粘りがあった」

「ここから先は全部の経験が未知。今日は得点も決められて本当に楽しかったので、次の試合もワクワクしている」

酒井宏樹
「前半のもっと早い時間帯に点を取りたかったですし、レアンドロ(ロドリゲス)のサイドのスペースも空いていたので。全体的にいつもとペースが違うと感じましたけど、それがクラブ・ワールドカップの雰囲気なのかなと」

「(連戦については)次に向けてしっかり調整して、疲れとか言ってられないし、せっかくのチャンスだし、やっぱりいろいろなチームと試合したいので、一試合でも多くできるように」

「(J1最終節からの疲れは)今は気持ちが違うというか、回復とかは早いと思います」

「(負傷交代については)大丈夫です。次の試合への影響はまったくありません」

 柏レイソルは11日、準々決勝で北中米カリブ海代表のCFモンテレイと対戦する。

[写真]=足立雅史

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO