FOLLOW US

CSKAに敗れたラニエリ監督「今日はこうなる運命だったみたいだ」

 7日、チャンピオンズリーグ・グループリーグ最終節が行われ、グループBで日本代表DF長友佑都が所属するインテルと日本代表MF本田圭佑が所属するCSKAモスクワが対戦した。
 
 ホームで1-2と敗れたインテルだが、既に決勝トーナメント進出を決めているクラウディオ・ラニエリ監督は冷静な面持ちだった。クラブの公式HPが伝えている。
 
「今夜、我々は4、5回のゴールチャンスを作ったが、どうやらこういう結果になる運命だったみたいだ。選手たちは意地を見せてプレーしてくれたが、ボールがどうしてもゴールに入りたくない時は、何やっても仕方ない」
 
「課題がいろいろとあることは確か。ただ、全体的に、チームの出来は悪くなかったと思う。こう言うと不思議に思われるかも知れないが、チームの状態は良い。問題はどちらかと言うと、メンタル面だろう」
 
「とにかく、決勝トーナメント進出を果たしたことを喜びたい。決勝トーナメントの組み合わせに関しては、好き嫌いを言わず抽選会の結果を受け入れるつもりだ。相手がどこになろうと、我々はさらに練習に精を出して準備を整えるだけ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO