2011.12.08

ファーガソン監督、6季ぶりのGL敗退に「自分たちで招いた結果」

 7日、チャンピオンズリーグ・グループリーグ最終節が行われ、グループCではマンチェスター・Uがアウェーでバーゼルと対戦した。
 
 決勝トーナメント進出には引き分け以上が要求されていたマンチェスター・Uだったが、9分に先制点を奪われ、そのまま得点を奪うことができないまま84分に痛恨の追加点を許した。終了間際にフィル・ジョーンズが1点を返すも、1-2で敗れてグループリーグ敗退が決まっている。
 
 マンチェスター・Uがグループリーグで敗退するのは、2005-2006シーズン以来。マンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督は、この敗戦に大きなショックを感じているようだ。クラブの公式HPが伝えている。
 
「この結果には当然失望している。それ以外に感じるものはない」
 
「ポゼッションではチームが上回っていた時間も多かった。ゴール手前までのプレーでは非常に良いシーンもあったが、フィニッシュできなかったことで、勝てなかった」
 
「私にとっても、ユナイテッドでヨーロッパリーグに出場するのは初めてのことだ。だが、この結果を招いたのは自分たち。グループステージを突破できなかった代償だ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る