FOLLOW US

イニエスタ、古巣アルバセテの筆頭株主に

 FCバルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、幼少期を過ごした古巣クラブの筆頭株主になった。アルバセテのラファエル・カンデル会長は5 日、先週末に完了した新株発行による増資に伴い、その約半数を取得したイニエスタが株主名簿の第1位に名を連ねたことを発表した。また、同選手の父親のホ セ・アントニオ・イニエスタ氏が、スポーツ部門を統括する副会長に就任することも明らかにされた。

 かつては1991‐92シーズンから 5年間、最近では2003-04シーズンから2年間、1部リーグでプレーしたアルバセテだが、昨シーズンの降格を経て現在は2部B(3部相当)に所属して いる。この危機を重く見たクラブはこの度、再建に向けて大幅増資に踏み切り、イニエスタは新株購入に応じたとのことだ。

 数年前からブドウ農園とワイナリーを家族で経営し、愛する故郷の雇用創出にも寄与しているイニエスタだが、今度は地元のクラブの危機に一肌脱いだようだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO