FOLLOW US

R・マドリードのモウリーニョ監督、チームに“クラシコ”かん口令

 3日のスポルティング・ヒホン戦を終えたレアル・マドリードは、7日のチャンピオンズリーグ・グループリーグ第6節のアヤックス戦は、既にグループ首位での決勝トーナメント進出を決めていることから消化試合となるため、10日の宿敵バルセロナとの“クラシコ”に向けたカウントダウンが始まった。

 ところが、4日に『Marca』紙からの取材に応じたキャプテンのスペイン代表GKイケル・カシージャスは、バルセロナ戦について聞きたがるインタビュアーをこう、制した。

「“クラシコ”について話すつもりはない。メディアが先を急ぎたがるのは分かるが、僕たちが集中しなければならないのは次のアヤックス戦だ」

 また、『AS』紙からインタビューを受けたアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアも、カシージャスとほとんど変わらない対応を見せている。

「僕たちが考えなければならないのはチャンピオンズリーグのアヤックス戦だ。実際、今は水曜の試合のことしか頭にない。バルセロナ戦についてはその後にゆっくり考えるよ」

 両選手が紋切り型の発言に終始したのは、ジョゼ・モウリーニョ監督がチーム内に“クラシコ”かん口令を敷いたからだと言われている。この大一番に完璧な状態で臨むことを目指すモウリーニョ監督は、アヤックス戦で緊張感を欠く試合をして良い流に乱れが生じるのを嫌っているようだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA