2011.12.05

グアルディオラ監督「レアルを長時間抑えることは事実上不可能」

 3日に行われたリーガ・エスパニョーラ第15節で、2位のバルセロナはホームでレバンテと対戦し、セスク・ファブレガスの2ゴールなどで5-0と圧勝した。試合終了後の会見では、ジョゼップ・グアルディオラ監督や選手に対して、早くも次節のレアル・マドリード戦に関する質問が多く寄せられた。クラブ公式HPが報じている。
 
 レアル・マドリード相手に3バックを採用するのかとの問いに対し、グアルディオラ監督は以下のように語っている。
 
「3バックはボールを支配した場合は良いが、そうでない場合は相手を阻止するのが非常に困難だ。マドリーだけではなく、どんなチームに対してもね。問題はライバルを制圧し、攻撃のための人数を割こうと試みるかどうか。しかしマドリーを長時間抑えることは、事実上不可能だ」
 
「そして今回(レバンテ戦)が上手くいったからといって、それは次の試合でも同じようにいくということではない。マドリーはまた別の方法でプレーをするチームだからね」
 
 また、セスクはレアルとの対戦について「今はチャンピオンズリーグのことを考えなければならない。その次がクラシコさ」と語り、まずは6日のチャンピオンズリーグ・グループリーグ最終節のBATEボリソフ戦に標準を合わせている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る