2011.12.05

マンUのFWエルナンデスが負傷により約4週間の離脱

 マンチェスター・Uに所属するメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスが、3日のアストン・ヴィラ戦で足首の靭帯を損傷。およそ4週間の離脱が濃厚となった。クラブ公式HPが報じている。
 
 エルナンデスの負傷について、アレックス・ファーガソン監督は以下のようにコメントしている。
 
「足首の靭帯を損傷したようだし、今後4週間は欠場することになるだろう。この時期に彼が抜けるのはマイナスでしかないが、こういう事態を想定しているからこそ、チームの選手層は厚いんだ」
 
 マンチェスター・Uは現在トム・クレヴァリー、ファビオ・ダ・シウバ、ラファエウ・ダ・シウバ、アンデルソン、マイケル・オーウェン、ディミタール・ベルバトフらが負傷者リストに入っている。多くの負傷者を抱える中、エルナンデスまでもが戦列から離れる事態となっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る