2011.12.04

首位レアルが敵地で快勝し公式戦14連勝…2位バルサは5発大勝

 3日にリーガ・エスパニョーラ第15節が行われた。

 首位を走るレアル・マドリードは、アウェーでスポルティング・ヒホンと対戦。35分、アンヘル・ディ・マリアが角度のないところからシュートをねじ込み先制すると、65分にはディ・マリアのスルーパスに抜け出したクリスティアーノ・ロナウドがゴールを決める。後半ロスタイムにはマルセロがダメ押し点を奪い、3-0で勝利。これでリーグ戦10連勝、公式戦では14連勝となった。

 2位バルセロナはホームで好調レバンテ相手にゴールショーを見せる。4分、アンドレス・イニエスタのヒールパスを受けたセスク・ファブレガスが先制点を挙げると、33分にもセスクが追加点を奪う。37分には若手のイサーク・クエンカが3点目をきめると、後半にもリオネル・メッシ、アレクシス・サンチェスがゴールネットを揺らし、5-0で圧勝した。

 その他では、バレンシアがホームでエスパニョールを2-1で下し、3位をキープ。ラシン・サンタンデールはビジャレアルを1-0で下している。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
65pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る