2011.12.02

テベスの加入を歓迎するミランのボアテング「必要な選手」

 ミランのMFケヴィン・プリンス・ボアテングは、同クラブへの加入が噂されるマンチェスター・Cのアルゼンチン代表FWカルロス・テベスにラブコールを送った。イギリス『ESPN』が報じている。

 マンチェスター・Cの練習を無断欠席し、帰国するという事件を引き起こして以降、テベスには多くのビッグクラブが注目していると報じられている。中でもミランが移籍先の最有力候補として浮上。ストライカーとしてチームを支えるFWアントニオ・カッサーノが心臓疾患で長期離脱しているため、その穴を埋める存在として、テベスに期待しているようだ。

 ボアテングは、カターニャから加入することが濃厚なマキシ・ロペスについても「素晴らしいストライカー」と語ったが、「我々にはカルロスのような選手が必要」と、テベスの重要性を強調した。

 また、ミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長も来年1月の移籍市場について、「全てレンタル契約、ただしその後の買取りオプション付きのレンタル契約になると思う」とコメント。テベスについては「まだ時間があるからね。これから考える」と明言は避けたものの、「カッサーノが離脱していなければ補強は考えていなかったが、今は状況が違う」と話し、獲得の可能性を示唆した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る