2011.12.02

元チェルシー監督がV・ボアスを擁護「時間を与える必要がある」

 元チェルシー監督のアブラム・グラント氏は、古巣を率いて思うような成績が残せていないアンドレ・ビラス・ボアス監督を擁護した。『BBC』が報じている。

 ビラス・ボアスは今夏、チェルシーの監督に就任。当初は、クラブのレジェンドである現レアル・マドリードのジョゼ・モウリーニョ監督と比較され、多くの期待を集めていた。しかし、チームは波に乗り切れず、リーグで既に4敗を喫するなど5位と低迷。早くも解任の噂が絶えず、ビラス・ボアスは窮地に追い込まれている。

 しかし、グラント氏は、「タフな時間だと思うが、チェルシーは契約を交わした監督をサポートしていかなければいけない。この結果が良いものだとは言えないが、彼らには時間を与える必要があると思うよ」とコメントし、ビラス・ボアスを擁護。

 さらに、「新しい監督……特に彼のような若い監督には時間を与えなければね。彼は新たなシチュエーションに直面しているんだ」と話し、経験の少ない若い監督には、環境に適応するための時間が不可欠であるとの見解を示している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る