2011.12.01

R・マドリードのアルベロア「バルセロナのことを考えている暇などない」

 現在、公式戦13連勝中と勢いが止まらない首位レアル・マドリードは、10日に2位バルセロナを本拠地サンチャゴ・ベルナベウに迎えての大一番“クラシコ”が、刻一刻と近付いてきている。

 とはいえ、激しいレギュラー争いの渦中にあるスペイン代表DFアルバロ・アルベロアにとっては、宿敵に注目している余裕はないようで、11月29日に行われた記者会見で次のようにコメントした。

「自分にはバルセロナのことを考えている暇などない。また、僕たちが注視しなければならないのは、バルセロナでもバレンシアでもなく、他ならぬレアル・マドリードだけだ。ここまで13連勝で来ているのも、日々の練習をしっかりと積み重ね、試合に100%の力を注ぎ込んでいるからだ。僕たちはまだ、タイトル獲得には全く近付いていない。終着駅は程遠いところにある」

 アルベロアは実際、3日のスポルティング・ヒホンとのアウェー戦が危険な試合になり得ることを指摘している。

「スポルティングには、何の問題もなくレアル・マドリードを倒す可能性だってある。なぜなら、僕たちはいつも彼らのホームでは苦労させられているからだ。今回の一戦も極めて厳しい試合になるだろう」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
リヴァプール
6pt
チェルシー
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
アタランタ
3pt
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る