2011.12.01

ホームで2部クラブに敗れたマンUのファーガソン監督「屈辱的な敗戦」

 11月30日に行われたカーリングカップ準決勝で、マンチェスター・Uはホームでクリスタル・パレスと対戦し、1-2で敗れた。

 試合後にマンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督が、敗戦の弁を述べた。クラブの公式HPが伝えている。

 ファーガソン監督は、「何から話せばいいかわからないが、ファンに対しては申し訳ない気持ちでいっぱいだよ。今日の試合はマンチェスター・ユナイテッドのものではなかったね」と語り、イングランド・チャンピオンシップ(2部)に所属するクリスタル・パレス相手にホームで敗れたことをファンに謝罪した。

 しかし、続けて「クリスタル・パレスは素晴らしいプレーをしたよ。だからこそ、彼らの勝利を傷つけるような真似はしたくはない。彼らには決勝まで進んでもらいたいと思っている」とも語り、勝者を称えることも忘れなかった。

 敗因については、「ショートパスを繋ぎ過ぎたのが原因かもしれないが、結果は結果として受け止める」とコメント。「映像を見る限り、2点目はオフサイドかと思ったが、今更何かを言う必要もないね。相手は勝利のために全力でぶつかり、結果を勝ち取った。そして我々にとっては屈辱的な敗戦となった」として、敗北を潔く認めた。

 この試合を受け、カーリングカップはベスト4が出揃い、マンチェスター・C、リヴァプール、カーディフ、クリスタル・パレスが準決勝に駒を進めている。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る