2011.11.30

ベッカム残留に諦め気味? MLSチーフが移籍の可能性に言及

 MLS(メジャーリーグサッカー)のチーフを務めるドン・ガーバー氏は、今季限りでLAギャラクシーとの契約を満了するデイヴィッド・ベッカムの去就について、アメリカを離れる可能性があることを認めた。『スカイスポーツ』が報じている。

 同氏は、「ベッカムがMLSに残ってアメリカでキャリアを続けてくれることを望んでいる。しかし、何が起こるかは分からない。我々はこの5年間で素晴らしい経験をした。期待以上のものを運んできてくれた」とコメント。ベッカムの残留を希望しているものの、去就に関しては不透明で、移籍する可能性も十分にあるとの見解を示している。

 ベッカムは母国イングランドを始めとする欧州のクラブへの移籍が噂され、アメリカから離れる可能性が高いのではないかと報じられている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
フランクフルト
39pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
バレンシア
46pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る