2011.11.29

マンチーニ監督、過密日程を嘆く「イングランドの選手は瀕死状態」

 マンチェスター・Cを率いるロベルト・マンチーニ監督は、イングランド代表がユーロやワールドカップなどでタイトルを勝ち取れない理由が過密日程にあると語った。イギリス紙『サン』が報じている。

 マンチェスター・Cは、27日にリーグのリヴァプール戦を戦ったばかりだが、48時間後の29日にカーリングカップのアーセナル戦を戦わなければならない。この日程にマンチーニはあきれ返っている。

「我々はすべての選手を入れ替えるだろう。なぜならこのシチュエーションは信じられないものだからね」

「アーセナルは土曜日に試合があったが、我々は日曜日の夜だった。月曜日にロンドンへ移動し、火曜日の夜にプレーする。あり得ないよ。これが、イングランド代表がユーロやワールドカップで勝てない理由だよ。彼らは瀕死の状態なんだ」

 以前から指摘されているイングランドの過密日程。12月には他の主要リーグがクリスマス休暇に入る中、イングランドは逆に中1日や2日の試合が続く。マンチーニは過密日程が、チャンピオンズリーグにも影響する可能性が大きいと指摘している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る