2011.11.29

バルサがレアルの経験を疑問視「彼らは長らく優勝から遠ざかっている」

 26日に行われたリーガ・エスパニョーラ第14節のヘタフェ戦で、0-1の敗北を喫したバルセロナ。今季初黒星を喫し、レアル・マドリードとの勝ち点差は6に広がったが、ジョゼップ・グアルディオラ監督に焦りはないようだ。クラブの公式HPが伝えている。

 グアルディオラ監督は、チームが良いレベルにあることを確信しており、優勝に向けてチャレンジをし続けると話している。

「我々はシーズン最後まで努力をしていく。このクラブを愛する人たちが、誇りをもてるようトライしていくよ。私が選手たちに求めるのは“努力”、ただそれだけだ。我々にとっての挑戦は、バルサの選手としてなすべき振る舞いを毎日行っていくことでなければならない。継続することが挑戦なんだ。チャンピオンになれるかどうかは分からない。ただそのために我々がトライしていくことは確信している」

「1年前よりもずっと良いプレーをしていた時もあった。私たちは2つの強力なチームを相手に2つのタイトルを獲得し、チャンピオンズリーグでは2節を残しベスト16進出を決めた。そしてリーガでは2位につけている。私たちは非常に良いレベルにあるんだ。ただし1位となるためにはまだ不十分であり、現時点ではマドリーが6ポイント分上回っている」

 12月10日にはレアル・マドリードとのクラシコが控えているが、グアルディオラ監督はレアルの強さを認めつつも、リーグ優勝から離れていることを示唆している。

「リーガはまだ多く残っている。もしマドリーがこのレベルを維持するようなら、より難しくはなるだろう。彼らにとって各試合がより重要なのは普通のことだ。彼らは長らくリーガ優勝から遠ざかっているからね」

「今重要なのはラージョ(バジェカーノ)戦だ。彼らのように勇気のあるチームは数少ない。我々が彼らより良いプレーができるか見てみよう」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
61pt
マンチェスター・C
48pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
37pt
ボルシアMG
35pt
バイエルン
33pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
43pt
バルセロナ
40pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
48pt
インテル
46pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング