FOLLOW US

今季初黒星にもバルサのグアルディオラ監督「立ち上がり前に進む」

 26日に行われたリーガ・エスパニョーラ第14節で、FCバルセロナはアウェーでヘタフェに0-1と敗戦。試合後に、FCバルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督が、敗因を語った。クラブの公式HPが伝えている。

 グアルディオラ監督は、今シーズン初黒星にも、「試合は多く残されている。立ち上がり、前へ進んでいくよ」とコメント。下を向く必要がないことを強調するとともに、勝ったヘタフェを持ち上げている。

「私たちは非常に良い試合をした。ヘタフェが上だったとは思わないが、勝ったのは彼らであるから、ライバルを祝福しなければならないね。彼らが守備の良いチームであることもわかっていたよ」

 また、グアルディオラ監督は敗因を語る一方で、選手達をかばう姿勢を見せた。

「前半の内はスペースを見つけ出せていた。1-0となったことでヘタフェに後ろへ引かれてしまい、状況が難しくなった。私たちはダニエウ・アウヴェスとウイングで、ピッチを広げようとしたんだけどね。選手たちを叱責することはできない。まったくその反対だよ」

 FCバルセロナは今節で勝ち点を伸ばせなかった結果、勝ち点34で首位を走るレアル・マドリードとの差が、6に広がっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO