2011.11.28

岡崎、2戦ぶり先発も無得点で途中交代…シュトゥットガルトは完封負け

 27日にブンデスリーガ第14節が行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するシュトゥットガルトはアウェーでブレーメンと対戦し、0-2で敗れた。

 両チームともに無得点で迎えた57分、シュトゥットガルトはアーロン・フントにゴールネットを揺らされ、ブレーメンに先制点を許すと、67分にはFKからナウドに強烈なシュートを叩き込まれた。攻撃陣はブレーメン守備陣を崩すことができず、第4節のヘルタ戦以来の完封負けを喫している。

 岡崎は2試合ぶりのスタメン出場したものの、5試合ぶりの今シーズン4点目を決めることはできず、61分に途中交代している。

[写真]=Bongarts/Getty Images

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
61pt
マンチェスター・C
48pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
37pt
ボルシアMG
35pt
バイエルン
33pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
43pt
バルセロナ
40pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
48pt
インテル
46pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング