FOLLOW US

岡崎、2戦ぶり先発も無得点で途中交代…シュトゥットガルトは完封負け

 27日にブンデスリーガ第14節が行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するシュトゥットガルトはアウェーでブレーメンと対戦し、0-2で敗れた。

 両チームともに無得点で迎えた57分、シュトゥットガルトはアーロン・フントにゴールネットを揺らされ、ブレーメンに先制点を許すと、67分にはFKからナウドに強烈なシュートを叩き込まれた。攻撃陣はブレーメン守備陣を崩すことができず、第4節のヘルタ戦以来の完封負けを喫している。

 岡崎は2試合ぶりのスタメン出場したものの、5試合ぶりの今シーズン4点目を決めることはできず、61分に途中交代している。

[写真]=Bongarts/Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO