FOLLOW US

クラシコ、CWCを前にバルサ監督「クリスマスまでは夢の1カ月」

 バルセロナは、12月10日にリーガ・エスパニョーラ第16節でアウェーのレアル・マドリード戦、12月15日にはクラブ・ワールドカップの準決勝を控えている。ジョゼップ・グアルディオラ監督が、重要な戦いが続く日程を前に、意気込みを語った。クラブの公式HPが伝えている。

 グアルディオラ監督は、26日に行われるリーガ・エスパニョーラ第14節のアウェー、ヘタフェ戦の前日に「クリスマスまで、私たちを夢のような1カ月が待っている。そのすべてが明日始まるね」とコメント。大事な連戦を控え、それぞれの大会に言及している。

「リーガで優勝するためには、最後まで懸命に働く必要があるんだ。リーガはきわめて重要で、首位から引き離されるわけにはいかないよ。どのチームにも長所があり、もしも私たちがしかるべきレベルにないならば、勝点を取りこぼすことになる。レアル・マドリードに離されてはならないね」

 またクラブ・ワールドカップについては、「出場するためにはチャンピオンズリーグで優勝する必要があるからね。だからこそ、この大会はホットワードだよ」と大会の重要性を強調している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA