2011.11.25

スペイン紙がバルサ下部組織の久保建英君に注目「日本のメッシ」

 9月に日本人として初めてFCバルセロナの下部組織に加入した久保建英君が、スペイン・メディアの注目を集めている。

 スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』電子版は、「日本のメッシ」として、写真付きで11歳の久保君を報道。現在はFCバルセロナ下部組織のアレビンCに所属し、7人制サッカーの3-2-1システムの1トップを務めていると紹介されている。

 また、同紙は久保君がFCバルセロナに入るまでの経緯を説明し、「彼は知的で試合の流れを読むことができ、加えて得点感覚にも優れている」と称賛。さらには、「スペインに来て2カ月でスペイン語を流暢に話し、クラブやバルセロナの町に完璧になじんでいる」とし、「ラ・マシア(選手寮)では、人気者の一人になっている」と伝えている。

 川崎の下部組織に所属していた久保君は、2009年に横浜で開催されたFCバルセロナキャンプでMVPを獲得。その後のヨーロッパ遠征でも大会MVPに輝き、今年の4月にはFCバルセロナの入団テストに合格していた。

 FCバルセロナでは、13歳未満のカタルーニャ出身以外の選手とは契約しない方針を採っているが、久保君は特例でバルサ下部組織への加入が認められている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る