FOLLOW US

リケルメ「スペイン代表にはメッシが足りず、アルゼンチン代表はバルセロナのようにプレーできない」

 ボカ・ジュニアーズのMFフアン・ロマン・リケルメが、スポーツ専門チャンネル『ESPN』とのインタビューで、古巣バルセロナの大黒柱であるリオネル・メッシを用いて、同チームのようにプレーすると評されているスペイン代表と母国アルゼンチン代表を比較した。

「スペイン代表にはメッシが足りず、アルゼンチン代表はバルセロナのようにプレーできない。メッシは、最高のスピードでドリブルをしてもボールを失わない 唯一の選手だ。先日、スペイン代表の試合を見たが、バルセロナと同レベルのプレーをするためにはメッシが必要なのは明らかだった。一方のアルゼンチン代表は、メッシを有しているにもかかわらず、バルセロナのレベルからは程遠い」

 リケルメはまた、メッシを活かせないアルゼンチン代表について、バルセロナとのチームとしての完成度の違いに言及した。

「アルゼンチン代表は、まずはプレースタイルを確立しなければならない。そうでなければ、我々は何も勝ち取ることはできない。一方、バルセロナはどんなに悪くても0-0のスコアが確約されたようなチームだ。なぜなら、常にボールをキープしている彼らに対し、相手チームがゴールを決めるのは不可能だからだ」

 メッシの抜きん出た実力を強調したリケルメだが、自身が最も気に入っている選手としては同選手のバルセロナのチームメートであるスペイン代表MFアンドレス・イニエスタを挙げ、その理由をこう述べた。

「イニエスタをマークするのは非常に難しい。なぜなら、彼はいかなるボールもいとも簡単にコントロールしてしまうからだ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO