2011.11.23

古巣バルサ戦に臨むイブラヒモヴィッチ「個人的な思い入れはない」

 ミランは23日にチャンピオンズリーグ・グループリーグ第5節でバルセロナと対戦する。2009-2010シーズンにバルセロナに在籍したことのあるスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、古巣との対戦を控え、意気込みを語った。『UEFA.com』が伝えている。

「世界最高のチームを相手にすることは間違いないね。私は、バルセロナを去る時でさえ、世界最高のチームを後にすることだと理解していたんだ。しかし自分自身にとって、そしてこの件に関わるすべての人にとって、私がクラブを去るのがベストな判断だったと思う。最高の解決策だったんだよ」

「私の場合、楽しくプレーできることが大切なんだよ。そうすればずっと楽な気分で臨めるからね。ピッチの中での気分は、外での気分にも影響するんだ。(バルセロナでは)結局、そこで苦労したので、移籍することが一番の策だったよ。私は大人の男として立ち上がり、解決策を探して、チームを移ることにしたんだ」

「一生懸命練習に励んでいたのに、バルセロナとの第一戦の前日にケガをしてしまったね。残念だったけれど、古巣との対決に個人的な思い入れは特にないんだ。もちろん気持ちが高まるし、ビッグゲームではあるが、結局のところはほかの試合と同じだからね。過剰に騒ぎ立てる必要はないと思うよ」

 両チームが、バルセロナのホームで戦った9月のグループリーグ第1節は2-2で引き分けていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る