2011.11.23

復帰の長友がフル出場、インテルのCL決勝T進出に貢献「思っていた以上にできた」

 22日、チャンピオンズリーグ・グループリーグ第5節が行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、アウェーでトラブゾンスポルと対戦。試合は 1-1の引き分けに終わったが、インテルはグループ首位通過を決めた。長友は、右足ふくらはぎの負傷から復帰し、フル出場を果たした試合を振り返った。クラブの公式HPが伝えている。

「1試合を残して、決勝トーナメント進出を決めることが重要だったので、今は嬉しいですね。今日のゲームは、特に前半が良かったです。後半はちょっとチーム全体に疲れが出ていました」

「再びチームに貢献できるようになったことは嬉しいことです。自分のコンディションがちょっと心配だったのですが、(クラウディオ)ラニエリ監督の信頼に応えたいという気持ちが強かったですし、思っていたよりも調子が良くて、予想以上にプレーができました」

「チームの出来には、完全には満足していませんね。僕らは常に向上して、もっと良くなりたい気持ちがありますから」

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る