2011.11.23

長友フル出場のインテルがCL決勝T進出…CSKA本田は出場せず

 22日、チャンピオンズリーグ・グループリーグ第5節が行われ、グループBでは日本代表DF長友佑都が所属するインテルが、アウェーでトラブゾンスポルと対戦した。

 試合は、アウェーのインテルが18分に先制する。右サイドでボールを受けたリカルド・アルバレスが、中に切れ込み、ディエゴ・ミリートとのワンツーを経てシュート。ゴール左隅に流し込んだ。

 一方、ホームでビハインドを負ったトラブゾンスポルも逆襲。23分にハリル・アルティントップが放ったミドルシュートが、ブロックに入ったワルテル・サムエルに当たりゴールイン。試合を振り出しに戻した。

 同点で迎えた後半には、両チームともに勝ち越しゴールを奪えず。試合は結局、1-1のままで終了。この結果、3勝1分け1敗で勝ち点10まで伸ばしたインテルが、グループリーグ首位突破を決めた。

 なお負傷から復帰した長友は、右サイドバックとしてフル出場を果たしている。

 グループBのもう1試合、CSKAモスクワ対リールの一戦は、2-0でアウェーのリールが勝利。CSKAの日本代表MF本田圭佑は、ベンチ外となっている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る