2011.11.22

インテル指揮官、トラブゾンスポルを警戒も「決勝T進出決めたい」

 22日に行われるチャンピオンズリーグ・グループリーグ第5節で、トラブゾンスポルと対戦する日本代表DF長友佑都が所属するインテルのクラウディオ・ラニエリ監督が、前日会見に臨んだ。

 現在、グループBで首位に立つインテル。ラニエリ監督は、ホームでのアドバンテージを持つトラブゾンスポルを警戒しつつも、この試合での決勝トーナメント進出を狙っているようだ。インテル公式HPが伝えている。

「昨日、我々がここに到着した時に暖かく迎えてくれたトラブゾンスポルのファンの皆さんにお礼を言いたいです。花束で歓迎されたのは、素晴らしいサプライズでしたね。称賛すべく姿勢だと思います。ピッチでは、激しい戦いになることでしょうけどね」

「私がインテルの監督に就任した時点では、チャンピオンズリーグでの状況も立て直す必要がありました。まだ何も決まっているわけではないですが、部分的には良い結果が出せています。モスクワで始まった流れに乗り続けたいと思いますね」

「しかし、トラブゾンスポルはホームの利があるし、いいサッカーが出来てカウンターを仕掛けるのが上手いチームなので、要注意です。簡単なことではないとは分かってながらも、我々は明日の試合で決勝トーナメント進出を決めたいですね」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る