2011.11.21

R・マドリードのL・ディアッラ、冬の移籍市場でのロシア行きで合意間近か

 レアル・マドリードのMFラサナ・ディアッラが、冬の移籍市場でロシア・プレミアリーグへと活躍の場を求める可能性が高まっているようだ。

 イタリアのサッカー専門サイト『Tutto Mercato』とのインタビューに応じたL・ディアッラの代理人は、同国で報じられたラツィオへの移籍を否定する一方、ロシア行きに向けた交渉が大詰めを迎えていることを明らかにした。

「ディアッラは、ロシアのクラブからのオファーに興味を示している。彼らは凄い金額の条件を提示してきる。そのクラブの名前は教えられないが、我々の交渉は既に非常に重要な局面を迎えている」

 なお、この発言を受けたロシアのメディアは、L・ディアッラと交渉を行っているクラブはアンジ・マハチカラだと推測している。この移籍が成立した場合、同選手は、レアル・マドリードをかつて支えた元ブラジル代表DFロベルト・カルロスや、元バルセロナのカメルーン代表FWサミュエル・エトーとチームメイトとなる。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る