2011.11.20

香川が決勝点をアシスト…ドルトムントが首位バイエルンを撃破

 19日にブンデスリーガ第13節が行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントはアウェーでMF宇佐美貴史が所属するバイエルンと対戦し、1-0で勝利を収めた。

 首位バイエルンと勝ち点5差の2位ドルトムントは、この試合に勝利し差を縮めたいところだが、前半はバイエルンに主導権を握られる苦しい展開となる。しかし、前半を何とか0-0で折り返すと、後半からドルトムントが反撃。58分、マッツ・フンメルスのくさびをロベルト・レヴァンドフスキが落とし、抜け出した香川がループ気味にシュートを放つも、これはバイエルンGKマヌエル・ノイアーに防がれる。

 そして迎えた65分、ゴール前中央でレヴァンドフスキのパスを受けた香川が倒れながらもボールをダイレクトで落とすと、これを受けたマリオ・ゲッツェが右足で蹴り込み、ドルトムントが先制点を奪う。

 74分には、ゲッツェのスルーパスを受けたレヴァンドフスキがGKをかわしてゴールネットを揺らすが、これはオフサイドの判定で追加点とはならず。バイエルンはイビツァ・オリッチやニルス・ペテルセンら攻撃のカードを次々と切るが、最後までドルトムントがゴールを死守し試合終了。ドルトムントがバイエルンとの首位攻防戦を制し、バイエルンとの勝ち点差を2に縮めている。

 3試合連続アシストを記録し、今シーズンのアシスト数を4に伸ばした香川は、89分に交代。宇佐美はベンチ外となっている。

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る