2011.11.19

フィーゴがレアル移籍の真相を明かす「お金のためではない」

 元ポルトガル代表MFのルイス・フィーゴ氏が、FCバルセロナからレアル・マドリードに移籍した真相を語った。スペイン紙『スポルト』が報じている。

 フィーゴ氏は5シーズン在籍したFCバルセロナから、2000年夏にレアル・マドリードへ移籍。FCバルセロナの最大のライバルであるクラブへ移ったことで物議を醸したが、フィーゴ氏は、移籍の理由を金銭ではないとし、真相を明かしている。

「バルサを去ったのは、お金のためではない。経済的な問題でなく、評価の問題だね」

「(当時の)ジョアン・ガスパール会長に、契約更新を望んでいるか聞いたんだ。しかし彼らが更新しようとした時には、私はマドリードに向かっていた。手遅れだったんだよ」

「(移籍の過程には)いくつかミスがあったが、賢明な判断だったと思う。名声や幾つものタイトルを得る経験ができたからね」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る