2011.11.18

アビダル、バルセロナ退団の可能性が強まる? 代理人が告白

 FCバルセロナに所属するフランス代表DFエリック・アビダルの代理人を務めるダビド・ヴェンディデッリ氏はスペイン『COM radio』に出演し、アビダルが今季限りで退団する可能性が高いことを明らかにした。

 アビダルは2007年にFCバルセロナに加入し4年契約を結んだが、その契約は今季終了時に切れる。現在32歳のアビダルはFCバルセロナでキャリアを終えることを望んでおり、代理人も契約延長に向け、クラブ側と交渉を行なっているが、難航しているという。

「バルセロナとはとても良い関係を築けているが、いまだ合意には至っていないんだ。契約期間の問題、そして給与の問題が絡んでいるからね」

「現時点ではまだ分からないが、このまま交渉が長引けば、アビダルが今シーズン限りでチームを去る可能性が高まるだろう」

 交渉は12月に入っても継続的に行われるようだが、ヴェンディデッリ氏は、アビダルに対し、パリSGなど複数のクラブが興味を示していることも明らかにしており、今後の動向に注目が集まっている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング