2011.11.18

岡崎と細貝がブンデス初対決へ…長谷部は右SBで先発出場か

 20日に行われるブンデスリーガ第13節で、シュトゥットガルトの日本代表FW岡崎慎司とアウクスブルクの日本代表MF細貝萌がドイツの地で初対戦を果たすことになりそうだ。

 ドイツ誌『キッカー』によると、11日のタジキスタン戦で2ゴールをマークした岡崎は、左サイドハーフでの先発出場が予想されている。10月15日に行われた第9節のホッフェンハイム戦以降、3試合ゴールから遠ざかっている岡崎だが、今シーズンは得点を決めた代表戦前後のリーグ戦で必ずゴールを挙げているため、アウクスブルク戦でもゴールが期待されるところだ。

 ボランチでの先発出場が予想されている細貝は、10試合連続でスタメンの座を守り続けており、前節のバイエルン戦では今シーズン3点目をマークし、チームトップの走行距離、ボールタッチ数を記録するなど、チームに不可欠な存在へと成長しつつある。

 岡崎が4試合ぶりのゴールを決めるのか、それとも豊富な運動量と的確な攻撃参加で細貝が最下位にあえぐチームを救うのか。両者の対決に注目だ。

 19日にハノーファーと対戦するヴォルフスブルクの日本代表MF長谷部誠は、右サイドバックでのスタメン予想。同日にマインツと対戦するケルンの同代表DF槙野智章はベンチ予想となっている。3位と好調のU-22日本代表MF大津祐樹が所属するボルシアMGは4位ブレーメンとの直接対決が控えている。

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る