2011.11.18

トーレス、リヴァプールファンに感謝「僕にとって特別な存在」

 チェルシーに所属するスペイン代表FWフェルナンド・トーレスは、現地20日に行われるリヴァプールとの一戦を前に、古巣への特別な思いを語っている。イギリス紙『ガーディアン』が報じている。

 今年1月、約5000万ポンド(約60億円)の移籍金でチェルシーに加入したトーレス。ライバルチームであるチェルシーへの移籍に、リヴァプールのファンからは大きな反感を買ってしまった。20日に行われる試合でも、ブーイングが巻き起こることが予測されるが、これに対し、トーレスは「まったく恨んでいないよ」と語り、古巣のファンへの思いを明らかにした。

「リヴァプールファンはおそらく、僕が移籍に至った経緯をよく知らない。移籍したということだけが気になっているんだ。だから僕はまったく恨んでいないよ。彼らは僕にとって、特別な存在だからね」

 また、リヴァプール時代の恩師であるラファエル・ベニテス監督に対しても、「彼のように、僕を理解してくれる人は他にいない。素晴らしい監督」と最大級の感謝の言葉を送った。

 トーレスはチェルシーに加入後、チームにフィットすることができず、ファーストゴールまでに903分を要し、クラブ史上ワーストという不名誉な記録を打ち立ててしまったが、プレッシャーはあまり感じていないという。

「移籍金がいくらだったかというのは、あまり意識していない。僕がそれほどの値打ちの選手だということではなく、クラブが僕のことをそれほどに評価してくれたという結果だからね」

「これまでの10年間は素晴らしい経験をさせてもらって、本当にラッキーだったと思う。でも僕にとって、最高の時期はこれから来ると確信しているよ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る