2011.11.17

クラブW杯の組み合わせが決定…J1王者は北中米王者と対戦の可能性

 JFA(日本サッカー協会)は17日、「TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2011」のオフィシャルドローが名古屋市内で行われ、準々決勝2試合の組み合わせが決定したことを発表した。

 12月11日に豊田スタジアムで行われる準々決勝の2試合は、アフリカ代表のエスペランス・スポルティーブ・ド・チュニス(チュニジア)対アジア代表のアルサッド(カタール)、開催国代表の2011年J1リーグ優勝クラブとオセアニア代表のオークランド・シティー(ニュージーランド)の勝者対北中米代表のモンテレイ(メキシコ)となっている。

 なお、ヨーロッパ王者のバルセロナ(スペイン)と南米王者のサントス(ブラジル)は準決勝からの登場。バルセロナはエスペランス・スポルティーブ・ド・チュニス対アルサッドの勝者と、サントスは2011年J1リーグ優勝クラブ、オークランド・シティ、モンテレイのいずれかと対戦することになっている。
 
 大会は12月8日に2011年J1リーグ優勝クラブ対オークランド・シティーの一戦で開幕。決勝は12月18日に横浜で行われる。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング