2011.11.17

ユーロ出場を逃したトルコのヒディンク監督が退任を発表

 トルコ代表を率いるフース・ヒディンク監督が16日、同代表監督を退任することを表明した。『UEFA.com』が伝えている。

 ユーロ2008でベスト4に進出したトルコは、ユーロ2012予選プレーオフでクロアチアと対戦。2戦合計0-3と敗れ、ユーロ2012出場権を逃していた。

 ヒディンク監督とトルコサッカー協会は、15日に行われたクロアチアとのユーロ2012予選プレーオフのセカンドレグを0-0で終え、敗退が決定した後、両者合意の上で契約を解除していた。

 オランダ人のヒディンク監督は、オランダや韓国、オーストラリアなどの代表監督を歴任。クラブチームでもレアル・マドリードやチェルシーといった強豪の指揮官を務め、ロシア代表退任後の2010年8月からトルコ代表の監督に就任していた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る