2011.11.13

ドルトムントがゲッツェらの移籍話を一蹴「ただのくだらない噂」

 ドルトムントに所属するドイツ代表MFマリオ・ゲッツェとドイツ代表MFケヴィン・グロスクロイツには、多くのクラブが獲得に動いていると噂が絶えない。しかしドルトムントの役員であるハンス・ヨアヒム・ヴァツケ氏がこれらの移籍話を一笑に付した。ドイツスポーツ通信社『Sport informations dienst』が報じている。

 ヴァツケ氏は、「これらの噂はすべてくだらないね。全くナンセンスだよ。我々の交渉のテーブルの上には何もない。2人の選手、どちらに対しての問い合わせも受けてはいないんだ」と、ゲッツェ、グロスクロイツに関して、他クラブと移籍交渉をしていないとコメント。さらに「合意間近でもないし、合意することもないね」と両選手が移籍することはないと断言している。

 ヴァツケ氏は「くだらなく、この件に関してはこれ以上コメントしたくないよ」と根も葉もない噂にうんざりした様子で語った。

 ゲッツェには以前、レアル・マドリードやアーセナルが獲得に興味を持っていると報じられていた。

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る