2011.11.13

イングランド、劣勢もランパードの決勝弾で王者スペインを下す

 ロンドンのウェンブリー・スタジアムで12日、国際親善試合のイングランド対スペインが行われた。

 8万7千人を超える観衆が見守った試合は、前半からスペインがイングランドを圧倒。ユーロ2012本戦で出場停止処分を受けているウェイン・ルーニーを外して臨んだイングランドだったが攻撃の形をほとんど作れなかった。とはいえ、スペインも決め手を欠き、前半を0-0で折り返す。

 すると49分、左サイドでFKのチャンスを得たイングランドは、ジェームズ・ミルナーのボールをダレン・ベントがヘディングシュート。このボールはポストに阻まれるが、こぼれ球をフランク・ランパードが押し込み、劣勢だったイングランドが先制する。

 その後もイングランドは防戦一方となる時間帯が多く、スペインはダビド・ビジャやセスク・ファブレガスらが何度も決定機を迎えた。しかし、スコット・パーカーら、守備陣の踏ん張りに加え、ゴールマウスもイングランドの味方となり、結局、スコアは動かず。1-0のまま、イングランドが勝利し、王者スペインを下している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
レアル・マドリード
45pt
アトレティコ・マドリード
44pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る