2011.11.12

ヴェンゲル監督「フットボールの未来はアジアとアメリカにある」

 アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督は、新たなサッカーの才能を生み出す地域として、アメリカとアジアに注目しているようだ。『ESPN』が報じている。

 ヴェンゲル監督は、アメリカとアジアから出てきた選手の特徴も交え、理由を語っている。

「私は二つの地域が、これからのサッカーに確実に影響を与えると信じている。一つはアメリカ。フットボールの人気が高まっており、クオリティーが上がってきている。そして私が信じる二つ目の場所は、アジアだね」

「二つの大陸は、フットボールの未来があると思うんだ。これからアメリカは多くのトップレベルの選手を生み出すだろうし、アジアも同様だね」

「二つの地域では、チームに対する献身やハードワークする利点もある。一度彼らがトレーニングを受ければ、素晴らしい選手になっていくだろう」

 現在のアーセナルには、FW宮市亮と韓国代表FWパク・チュヨンといったアジアの選手が在籍。また、FCダラスのアメリカ代表MFブレック・シェイもアーセナルに練習参加すると、『ESPN』は伝えている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
レアル・マドリード
45pt
アトレティコ・マドリード
44pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る