2011.11.11

エースから学ぶ宮市「ファン・ペルシーのようなファーストタッチを」

 アーセナルに所属する宮市亮は、プレミアリーグでプレーする機会が訪れていない現状にも、「焦りはない」と語った。クラブの公式HPが伝えている。

 宮市は約半年間、フェイエノールトでプレーし活躍。“リオジーニョ”との愛称で親しまれるほどファンの心をつかんでいた。しかし、オランダとイングランドではレベルが違い、スタイルにも慣れる必要があると話している。

「オランダでは、自分に何ができるか、今よりもう少し分かっていた。でもプレミアリーグは総合的に見て違うレベルにある。イングランドではパスが弱くなれば簡単にボールを失ってしまう。だからそれを判断することが重要になってくる」

「あとはファーストタッチの重要性をかなり学んだ。僕の攻撃スタイルにおいてはかなり重要なことだから。(アルセーヌ)ヴェンゲル監督はこのことを強調していた。もっとうまくなりたい。どのようにファーストタッチをすれば良いのか、集中して練習していきたい」

「だからロビン・ファン・ペルシーの動きに注目している。どのようにワンタッチだけで相手DFと距離を置くかをね。彼はかなりそれがうまいから」

 ファン・ペルシーはリーグ11試合に出場して11得点と、アーセナルの攻撃陣をけん引。宮市は7日に行われたリザーブリーグで負傷し、全治3週間と診断されたため、まずは故障を癒し、エースの技術を学びたいところだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る