2011.11.09

アンチェロッティがバルサを分析「強さはクラブの理念にある」

 昨シーズンまでチェルシーの監督を務めていたカルロ・アンチェロッティ氏が、バルセロナが持つクラブの理念を絶賛した。『UEFA.com』が伝えている。

 アンチェロッティ氏はバルセロナについて、「強さはクラブの理念にある」と分析。「バルセロナには下部組織(からの生え抜き)の選手が大勢いるよね。そして彼らは、バルセロナのユニフォームを着ると特別な気持ちになるんだよ。下部組織で育った訳だからね。それが(バルセロナの強さの)理由なんだ」と、バルセロナの強さを語った。さらに、「クラブとしての理念、彼らのサッカー観は現時点でベストだね」と絶賛している。

 また、自身の監督業についても言及。「短期的にどうなるかは分からない」とコメントしながら、「もう一度監督をやりたいね。心配はしていないし、成り行きに任せるよ。優れたビジョンを掲げている、野心的なクラブを見つけたいんだ。すぐにどこかのクラブの監督として復帰できると確信しているよ」と早期の現場復帰に意欲を見せた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る