2011.11.08

アグエロがテベス問題の解決を望む「早く一緒に練習したい」

 出場拒否騒動によりピッチから遠ざかっているマンチェスター・Cのカルロス・テベスについて、同僚で同郷のセルヒオ・アグエロが問題の早期解決を望んでいる。

 テベスは9月に行われたチャンピオンズリーグのバイエルン戦で途中出場を拒否したため、ロベルト・マンチーニ監督の逆鱗に触れ、謹慎処分および罰金処分を課された。罰金額は当初、給与の4週間分に相当する約1億2000万円だったが、その後、「テベスが出場拒否をした事実はない」とするPFA(イングランドプロサッカー選手協会)の反論を受け、半分の2週間分に引き下げられた。
 
 マンチーニ監督は、誤解があったと主張するテベスから謝罪があれば、再びチームの構想に入れることを示唆しているが、現在はまだ問題解決に至ってない。

 この状況に気を揉むアグエロは、次のように語り、同郷のテベスを思いやった。

「とても寂しいことが起こっているね。カルロスは一人で練習している。できるだけ早く問題が解決し、彼が僕らと一緒に練習できるようになればいいと思っている」

 PFAのゴードン・テイラー会長も、「彼が罰を消化し、正常な方向へ進めば素晴らしいよ。クラブと選手のために、そうなることを願っている。彼は2週間、出場停止となり、控え選手らとともに自主トレを強いられたんだからね」とコメント。問題が解決することを願った。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る