2011.11.07

香川が今季2度目のベストイレブンに選出「ゲッツェと再び魔法を見せる」

 5日に行われたブンデスリーガ第12節のヴォルフスブルク戦で、1ゴール2アシストをマークしたドルトムントの日本代表MF香川真司が、ドイツ誌『キッカー』が選ぶ今節のベストイレブンに選出された。

 同誌は香川にチーム最高点となる「1」(最高点が1、最低点が6)をつけ、「日本人プレーヤーが再びゲッツェと魔法を見せる。彼のプレーは目の保養になった」と評価。2ゴールを挙げ、同じく「1」と採点されたドイツ代表MFマリオ・ゲッツェを差し置き、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに輝いている。

 また、同誌は香川を今節のベストイレブンに選出。香川にとっては開幕節以来となる、今季2度目のベストイレブンとなった。

 ドルトムントからは香川の他にゲッツェ、スヴェン・ベンダー、マルセル・シュメルツァーが選出されており、バイエルンGKのマヌエル・ノイアーや、ケルンFWのルーカス・ポドルスキ、今節のMVPとなったブレーメンFWのクラウディオ・ピサーロらも名を連ねている。

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る