2011.11.07

ベッカムのアシストでLAギャラクシーが全米王者決定戦へ進出

 6日、アメリカのMLS(メジャーリーグサッカー)の西カンファレンス・ファイナルが行われ、元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカムが所属するLAギャラクシーがレアル・ソルトレイクを3-1で破った。

 試合は、23分にランドン・ドノヴァンがPKを沈め、LAギャラクシーが先制。しかし、直後の25分にレアル・ソルトレイクが同点ゴールを決め、試合を振り出しに戻した。

 後半に入ると、LAギャラクシーは58分、ベッカムのアシストからマイク・マギーが得点を挙げて勝ち越し。ベッカムは準決勝に続き、3試合連続アシストとなった。さらに68分にもロビー・キーンがダメ押しゴールを挙げ、LAギャラクシーがそのまま逃げ切りに成功。3-1でレアル・ソルトレイクを下している。

 西カンファレンスを制したLAギャラクシーは、11月20日に東カンファレンス王者のヒューストン・ダイナモとMLSカップ決勝を戦う。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る