2011.11.06

ゴールデンシュー受賞のC・ロナウド「キャリアの中で最も重要な時」

 4日、ヨーロッパ・ゴールデンシューの授賞式が行われ、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが2010-2011シーズンの同賞を受賞した。

 歴史に残る2人の名選手である、アルフレッド・ディ・ステファノ氏、エウセビオ氏から賞を受け取ったC・ロナウドが喜びのコメントを残した。クラブの公式HPが伝えている。

「サッカーの偉大な2人の天才とともに自分はここにいる。それは自分にとって本当に光栄な事。もちろん、サッカーの歴史に名前を残したい。自分はまだ若いし、日々いろんなことを学んでいる。自分に成長のチャンスをくれたクラブでプレーしている。今はこの賞を楽しみたい。とても幸せだし、自分のキャリアの中でも重要な時。この賞をマドリディスタ、チームメートに捧げたい」

「もしこの賞をチャンピオンズリーグ、もしくはリーガのタイトルに変えることができるなら変えたいね。レアル・マドリードのメンバーとして、チームとして大きなことを達成していきたいんだ」

「自分の記録を破れるかどうかは気にしていないよ。このチームでこれだけの数字を残せると考えたことはなかったからとても幸せだね。チームはより成熟していっているし、クラブの歴史から言えば無冠で終わることなどできないよ。個人タイトルは非常にうれしいものだけど、一番重要なものではないんだ」

「ポルトガル代表も素晴らしいチームだけど、一歩一歩進んでいかないといけない。まずはユーロの本大会出場を決めることだね。いつの日か代表でもタイトルを獲得するという希望を持っているんだ」

 ヨーロッパ・ゴールデンシューはヨーロッパ各国のリーグの中で、最も得点を奪った選手を数値化して表彰。2010-2011シーズンは、リーガ・エスパニョーラで40ゴールを挙げたC・ロナウドが80ポイントで受賞した。

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る