2011.11.06

マンU監督就任25周年のファーガソン、“ベッカム世代”の再現を狙う

 マンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督は、四半世紀にも及ぶ同クラブでの監督生活の中で、最もタレントに恵まれた「ベッカム世代」の再現を目指していると明かした。『ESPN』が報じている。

 ファーガソン監督は、1992年にFAユースカップを制したメンバーを中心に下部組織からデイヴィッド・ベッカムをはじめ、ライアン・ギグス、ポール・ スコールズ、ニッキー・バット、ガリー・ネヴィル、フィリップ・ネヴィルらをトップチームに昇格させた。そして1999年、彼らが中心となり、チャンピオ ンズリーグ、プレミアリーグ、FAカップの3冠を勝ち取った。

 現地時間6日に監督就任25周年を迎えるファーガソン監督は、「一度限りではない。もう一度、現れるよ」と再びタレント集団は生み出されるとコメント。

 さらに、「マンチェスター・ユナイテッドのようなクラブが彼らと同じように素晴らしい選手達を一度しか持てないと考えることはできない。我々は常に、もう一度彼らのような集団を率いる夢を追い続けているし、やらなければならないんだ」と、黄金時代の再構築に向け、力強く意思表明をしている。

 ファーガソン監督は、1986年にマンチェスター・Uの監督に就任。これまでにリーグを12回、FAカップを5回制し、チャンピオンズリーグのタイトルも2度、クラブにもたらしてきた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る