2011.11.05

アル・サッド、PK戦で全北現代を下してアジア王者に輝く/ACL

 AFCチャンピオンズリーグの決勝戦が5日に行われ、全北現代とアル・サッドが対戦した。

 試合が動いたのは19分で、全北がエニーニョの得点で先制する。しかしアル・サッドも反撃に転じ、29分には相手のオウンゴールで同点に。そして62分、アブドゥルカデル・ケイタが勝ち越し点を奪取。リードしたまま終盤を迎える。

 だがロスタイム、全北はイ・スンヒョンが土壇場で同点ゴールを決めて、勝負は延長戦に持ち越された。しかし、消耗戦となった試合は、120分でも決着がつかず、PK戦に。

 そしてPK戦ではアル・サッドが4本を成功させたのに対し、全北は2本のみにとどまり、決着がついた。結局、アル・サッドが4-2でPK戦を制して全北を下し、1989年以来(当時:AFCアジアクラブ選手権)のアジア王者に輝いている。

 なお、アル・サッドは12月に日本で開催されるFIFAクラブ・ワールドカップへの出場権も獲得することになった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る