2011.11.05

ボアテングがガーナ代表からの引退を決意

 4日、ガーナサッカー協会はミランのMFケヴィン・プリンス・ボアテングから、同国代表から引退するという意思が書かれた手紙を受け取ったと公式HPで発表した。

 ボアテングの手紙には、代表とクラブでのプレーの両立からなる体力的な問題から代表引退を決断したと記されているという。

 なお、ガーナサッカー協会は、ボアテングの代表引退の意思を受理するかの判断はまだ行っていない。

 現在24歳のボアテングは、ドイツ出身で各年代別のドイツ代表に選出された経験があるが、A代表ではガーナ代表を選択。これまでに9試合出場、1得点で、昨年の南アフリカ・ワールドカップではガーナのベスト8進出に大きく貢献していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る