2011.11.03

万能のルーニーにポジションのこだわりなし「MFでも要求されれば応える」

 2日、チャンピオンズリーグ・グループリーグ第4節が行われ、グループCのマンチェスター・Uは、ホームでオツェルル・ガラツィと対戦。2-0で勝利し、グループ首位に浮上した。

 オツェルル・ガラツィとの一戦では、イングランド代表FWウェイン・ルーニーがMFとして先発出場。試合後、ルーニーは与えられたポジションならばどこでもこなすと語った。クラブの公式HPが伝えている。

 ルーニーは、「前にも言ったけれど、基本的にはどのポジションでもこなす自信はある。決してうぬぼれているわけではなくて、自分の力に自信があるということだよ。(アレックス・ファーガソン)監督が求めるなら、どのポジションでも出場するよ」とコメント。MFでの出場も「若い頃にMFで多くの試合に出場した経験があったからね。あの位置ではボールに多く触れて、守備にも時間を割かないといけない。今後も同じ役割が続くのかはわからないけれど、要求されれば応えるだけ。あとは監督次第だね」と、ポジションにかかわらず、チームのためにプレーしていく姿勢を示している。

 またルーニーは、終了間際には、相手のオウンゴールにつながるシュートを放ったが、「あれは僕のゴールだよ。相手チームもオウンゴールなんて望んでいないだろうし、あとはUEFA(欧州サッカー連盟)の判断を待つよ」と話し、自身の得点と記録が変更されることを願った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る