2011.11.03

カッサーノは心臓手術で半年後に復帰か、ガッリアーニ副会長「引退の危機はない」

 ミランが現地2日、原因不明の体調不良により緊急入院したイタリア代表FWアントニオ・カッサーノの病状についてクラブの公式サイト上で声明を発表。精密検査の結果、心臓に先天性の疾患が見つかったカッサーノが、近日中に手術を受けることになったと明らかにした。

 カッサーノは10月29日のローマ戦後、ミラノに戻った際に体調不良を訴えて緊急入院。視力の低下や会話が困難になるなどの症状が見られ、イタリア時事通信社『ANSA』は脳虚血の疑いがあると報じていたが、ミランはこの報道を否定。しかし、2日の公式発表で卵円孔を原因とする脳卒中だったことを認めている。

 ミランは、カッサーノが近日中に穴をふさぐ手術を受けると発表。復帰時期については、「術後の経過を見てから判断すべき」としながらも、「恐らく数カ月後になるだろう」と明かしている。

 同クラブのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長は「カッサーノは絶対に復帰したいと願っている。この病状が彼の選手生命を脅かすものではないし、引退の危機はない。ただ、復帰には4~6カ月がかかるだろう。もちろん、復帰は医師の許可が下りてからのことになる」とコメントした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る