FOLLOW US

2011最優秀監督候補にペップ、モウリーニョとともにドルトムントのクロップが選出

FIFA(国際サッカー連盟)とフランス誌『フランス・フットボール』は、2011FIFAバロンドールの最優秀監督の候補者10名を発表した。

 候補者には、2010-2011シーズンでチャンピオンズリーグを制覇したバルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督をはじめ、ポルトでヨーロッパリーグ、国内リーグ、国内カップの3冠を達成した現チェルシーのアンドレ・ビラス・ボアス監督、マンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督の名前が並んだ。また、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントを9シーズンぶりのリーグ制覇に導いたユルゲン・クロップ監督も選出されている。

 候補者は各代表監督とキャプテン、世界の記者による投票を経て、12月5日に上位3人が公表。最終受賞者は、2012年1月9日にスイス、チューリッヒで行われるセレモニーで発表される。

■最優秀監督候補一覧
ビセンテ・デル・ボスケ(スペイン代表)
ヨアヒム・レーヴ(ドイツ代表)
オスカル・タバレス(ウルグアイ代表)
ジョゼップ・グアルディオラ(バルセロナ)
ジョゼ・モウリーニョ(レアル・マドリード)
アレックス・ファーガソン(マンチェスター・U)
アンドレ・ビラス・ボアス(チェルシー)
アルセーヌ・ヴェンゲル(アーセナル)
ユルゲン・クロップ(ドルトムント)
ルディ・ガルシア(リール)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA