FOLLOW US

本田「もう少し待ってほしい」、タジク戦と北朝鮮戦での復帰は微妙

 右ひざ半月板損傷で離脱中の日本代表MF本田圭佑が、2日のチャンピオンズリーグ、トラブゾンスポル戦に臨むCSKAモスクワの遠征メンバーから外れた。

 既にボールを使った練習を再開するなど順調な回復を見せる本田だが、「チャンピオンズリーグも来年も、たくさん大切な試合があるので、ひざのリハビリのためにもう少し時間をかけたい」とクラブの公式サイトを通じてコメント。今のコンディションと復帰時期について次のように語っている。

「ひざの状態はどんどん良くなっているし、すべてがうまくいっているよ。でも、今リスクは取りたくない」

「とにかく、すべて良好なので、もう少し待ってほしい。僕はみんなに良いパフォーマンスを見せたいから」

「いつ復帰できるか今ははっきり分からない。できるだけ早く戻りたいとは思うけど、毎日ランニングをしているし、既にボールを使った練習も始めているけど、まだ個別プログラムを行っている。あとどのくらいの時間が必要かはまだ分からない。もう少し時間が必要だと思う」

「筋肉が必要なので、筋肉増強のためのトレーニングをしている。毎朝、パワートレーニングをし、その後、ランニングをし、短い距離を機敏に走る練習をしたり、基本的にサッカーと同じことをしているよ。ただ、それを個別にやっているだけ。徐々にそれらをうまくこなせるようになっているし、そのトレーニングを現状続けている。まだチームに合流するのは少し難しい。ボールを失ったり奪ったりするアグレッシブな動きをするのは少しまだ怖いので、個別のプログラムでしばらくはがまんしなければと思う」

 ブラジル・ワールドカップのアジア3次予選、タジキスタン戦(11日)と北朝鮮戦(15日)に臨む日本代表メンバーは1日に発表。本田のメンバー入りは微妙な状態となった。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA