2011.10.31

マンUのファーガソン監督、相次ぐ人種差別問題に「信じられない」

 マンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督が、プレミアリーグのピッチ上で相次いだ人種差別問題について、「信じられない」とコメントしている。

 プレミアリーグでは今月15日に行われたリヴァプール対ユナイテッドの一戦において、リヴァプールのFWルイス・スアレスがユナイテッドのDFパトリス・エブラに人種差別発言をした疑いが浮上。さらに23日には、チェルシー対QPRで、チェルシーのDFジョン・テリーがQPRのDFアントン・ファーディナンドに人種差別的な発言をしたとの疑惑が上がった。

 翌週にユナイテッドを率いて25周年を迎えるファーガソン監督は、イングランドでプレーする外国人選手の増加、そしてフットボールの変化と進化を全て見てきた。

「アンフィールドで、エブラとスアレスの間に何が起こったのか、私にはわからない。それを調べるのはFA(イングランドサッカー協会)の仕事だ。それにしても、こういった問題が現在も起こってしまうことに、非常に驚きを感じている。2つの問題が連続して起こったのは、単なる偶然なのか? 今はもう2011年だ。3つ目の問題は起こらないようにしなければならない」

 様々な人種の選手たちが同じピッチ上でプレーすることで、プレミアリーグのプレーの質が格段に向上したと唱えるファーガソン監督は、さらに次のように続け、人種差別に対する不快感を露わにした。

「知っての通り、ここ数年で、黒人選手たちが現代フットボールにもたらした功績は非常に大きい。私が見てきた25年間の中で、それはもっとも大きな変化だった。だからこそ余計に、今回の出来事が信じられない。異なる国籍、文化を持つ選手たちを同じフットボールの中でまとめ上げるのは、私にとって偉大な挑戦であり、それは他の監督も同じはずだ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る